お問い合わせ・ご予約
(診療・内視鏡検査)03-3882-7149

お問い合わせ・ご予約
(診療・内視鏡検査)03-3882-7149

採用情報

MENU

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)|千住・胃と腸のクリニック|北千住の胃腸科・消化器内科・内視鏡内科

大腸視鏡検査(大腸カメラ)Colonoscopy

当院の大腸内視鏡検査の特徴

当院の大腸内視鏡検査は、楽に検査を受けてもらうため、ほぼ全ての患者さんに静脈麻酔を用いて検査を受けてもらっています。また、病変の見落としを無くすためウォーターイクスチェンジコロノスコピー(WEC; Water-exchange colonoscopy)という最新の挿入法で行っています。空気の替わりに水を使用した大腸挿入法である浸水法(WIC; Water-immersion colonoscopy)をより進化させた大腸挿入法です。WECはスコープを大腸へ挿入する際に、空気の替わりに水を入れながらさらに大腸内に残った便汁のカスなどを洗浄し、同時にスコープで水を吸引しながら大腸内をきれいな状態にして挿入します。大腸内視鏡検査で一番重要なのは、スコープを抜いてくる際に病変を見落とすことなく観察することです。WECで腸管内をきれいにすることで見落としが少なくなります。また挿入自体も従来の浸水法であるWICと変わりありませんので、楽に検査を受けることが可能です。 

静脈麻酔をご希望される方へ

大腸内視鏡検査を推奨する方

  • 1. アルコール・赤身肉をよく摂取する40代・50代の働き盛りの方 
  • 2. 慢性の下痢・便秘や血便・便潜血陽性の方
  • 3. 親族が大腸癌・大腸ポリープと診断された方 

大腸カメラはスコープを深部大腸まで挿入し全大腸を隈なく観察することが可能です。大腸癌の診断だけではなく、大腸ポリープの診断・切除も兼ねることができます。またポリープを切除することは大腸癌の予防にもなるため、極めて重要な検査方法と言えます。
とくに大腸癌は若年化してきているため40歳代~50歳代の働き盛りの方々に受けていただきたい検査の一つです。大腸の病気が気になる方・おなかの調子が悪い方・下痢または便秘のある方・血便を認める方・便潜血陽性と診断された方・親族が大腸癌ないし大腸ポリープと診断された方は、当院の専門医にお気軽にご相談してください。

大腸ポリープの当日切除

大腸ポリープは検査と同時に切除が可能です。大きいポリープとなりますと入院での切除が必要となるため入院施設のある病院へご紹介します。ポリープ切除をご希望される方は担当医ないし看護師にお伝えください。また、持病ないし抗血栓薬(アスピリン・クロピドグレル・ワーファリンなど)を内服されている患者さんの場合、お薬の調節が必要となることがあります。当院の医師は抗血栓薬の取り扱いに慣れていますので、ご気軽にご相談ください。

・Harada H, et al. The effect of anticoagulants on delayed bleeding after colorectal endoscopic submucosal dissection. Surg Endosc. Accept on Aug 2019.
・Harada H, et al. Feasibility of gastric endoscopic submucosal dissection with continuous low-dose aspirin for patients with dual antiplatelet therapy. World J Gastroenterol. 2019; 25: 457-68.
・Harada H, et al. Continuous use of low-dose warfarin for gastric endoscopic submucosal dissection: a prospective study. Endosc Int Open 2017; 05: E348-53.

  • 大腸ポリープ

    大腸ポリープ

  • ポリープ切除後

    ポリープ切除後

  • クリッピング縫縮

    クリッピング縫縮

大腸内視鏡検査・事前準備について

大腸内視鏡検査では事前に下剤を内服して大腸内をきれいにする必要があります。大腸内をきれいにすることで大腸癌や大腸ポリープなどの見落としが少なくなります。  大腸内をきれいにする方法はいくつかありますが、当院ではモビプレップとニフレックを使用した院内洗浄法ないし在宅洗浄法で行っています。

  • 遠方の方は、院内で朝来院後モビプレップを用いて前処置を行います
  • 近隣の方は、前日より下剤を内服し当日ニフレックないしモビプレップを用いて前処置を行います

モビプレップ:モビプレップ®配合内容剤は、従来の腸管洗浄剤と比べても少ない服薬量で同等の洗浄効果があります。また服薬による身体の電解質バランスの維持についても、従来の者と比べ遜色ないというデータとなっています。飲み方は、検査当日にモビプレップを1000ml内服してもらい水ないしお茶を500ml飲んでもらいます。洗浄の度合いによってはさらに追加でモビプレップ500ml+水ないしお茶を250ml飲んでもらいます。最後に検査前に浣腸を行い検査となります。

  • 検査の流れ

ニフレック:ニフレック配合内容剤は、長年使用されてきた実績のある腸管洗浄剤です。多くの患者さんに使用されてきた腸管洗浄剤ですので信頼のあるものといえます。ニフレックの場合、前日の夕食後にラキソベロン液10mlを服用していただきます。当日は、ニフレック1500~2000mlを内服してもらいます。最後に検査前に浣腸を行い検査となります。

  • 検査の流れ

*前日のお食事は3食ともに消化の良いものをお召し上がりください(繊維の多い野菜・キノコ・海藻類など、油分の多いものなどはお控えください)。なお、検査予約時に受付で検査食を購入することが可能です。ご相談ください。

検査食について

検査食 :前日の食事として検査食を摂ることで当日の大腸前処置がスムーズとなります。
*当院内でも販売しています。ご希望の方はお声かけください。

検査の流れ

  • 検査の流れ

    *診察時にはお薬手帳・手術記録などをお持ちいただくとスムーズな診察が可能です。

費用

保険診療の場合

保険診療 1割負担 3割負担
大腸カメラ 約2,000円 約5,500円
大腸ポリープ切除 7,000〜9,000円 20,000〜30,000円
腹部超音波検査 約500円 約1,500円

料金は概算です。内視鏡検査は使用する薬剤で多少前後することもあります。内視鏡検査で生検を施行した場合には追加料金がかかります。静脈麻酔は別途料金が必要ありません。診察代・採血検査代等は別途かかります。

大腸の病気

pagetop