お問い合わせ・ご予約

採用情報

MENU

早期十二指腸癌 | 千住・胃と腸のクリニック

早期十二指腸癌

内視鏡機器の発達により従来発見できなかった十二指腸腫瘍も多く発見されてきています。十二指腸癌は早期で発見できれば内視鏡治療での切除が可能です。進行してしまうと外科手術ないし化学療法の適応となります。十二指腸周囲には解剖学…

続きを読む

ピロリ菌感染

胃癌の発症にはピロリ菌が深く関与しており、ピロリ菌による慢性の炎症がきわめて重要な役割を果たしています。ピロリ菌感染があると高濃度の塩分摂取・喫煙・加齢・遺伝子異常などにより発癌が誘発されます。 ピロリ除菌は、胃癌発生に…

続きを読む

胃潰瘍

胃潰瘍は、ピロリ菌感染・鎮痛剤・抗血小板薬などが原因でできることがあります。また、胃癌との区別が困難なこともあり慎重な経過観察が必要となります。潰瘍部に血管が露出する場合には消化管出血の原因となります。治療には、プロトン…

続きを読む

ピロリ菌感染

ピロリ除菌後でも胃癌のリスクが高い方:高齢・胃癌の既往・ご家族に胃癌の方がいる方・除菌前の萎縮および腸上皮化生が強かった方 ピロリ除菌は、胃癌発生においてある一定の抑制効果があると言われていますが、長期にわたりある一定の…

続きを読む

進行胃癌

胃の調子が悪い方、腹部症状がある方、貧血を指摘された方、親族に胃癌がいる方、胃癌が心配という方は外来担当医にご相談ください。 進行した胃癌でも症状が無いことはよくあります。症状が無い方でも消化管ドックで検査が可能です。消…

続きを読む

早期胃癌

日本ではピロリ菌感染による胃癌が大半を占めると言われています。ピロリ菌が陽性と言われた方は、1年に1回程度の胃カメラをお勧めします。また、ピロリ菌を除菌された方でも胃癌ができることが報告されています。2、3年おきに検査を…

続きを読む

食道癌

食道癌はアルコールおよび喫煙と強い因果関係があります。少量のアルコールで顔が赤くなる方はフラッシャーと呼ばれます。フラッシャーの方は、アルコール摂取によりエタノールとアセトアルデヒドが食道に高濃度曝露されることで食道癌の…

続きを読む

バレット食道

現在日本においては、逆流性食道炎の結果として食道癌の発生母地となるバレット食道が急増しています。バレット食道は胃酸・胆汁酸の食道への逆流による食道の慢性炎症が原因で、このバレット食道を背景としてバレット腺癌となります。バ…

続きを読む

逆流性食道炎

食生活の欧米化に伴い逆流性食道炎(GERD)の増加が指摘されています。GERD症状は主に胸焼けや呑酸などの症状や胸痛・背部痛・咳症状などを呈することがあります。GERDの病態としては、下部食道括約筋の逆流防止能の低下・食…

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop