お問い合わせ・ご予約

採用情報

MENU

カルチノイド腫瘍(神経内分泌腫瘍) | 千住・胃と腸のクリニック

カルチノイド腫瘍(神経内分泌腫瘍)

Pocket

下部直腸に好発する粘膜下腫瘍の一種で、比較的若年者でも見つかることがあります。症状等はなく大腸内視鏡検査時に偶然見つかることが多いです。悪性度が低く早期の状態であれば内視鏡での治療が可能ですが、癌化し進行したものですと外科治療や薬物療法が必要となります。

・Harada H, et al. Endoscopic submucosal dissection for small submucosal tumors of the rectum compared with endoscopic submucosal resection with a ligation device. World J Gastrointest Endosc. 2017; 9 (2): 70-6.

・Harada H, et al. Ligation-Assisted Endoscopic Submucosal Resection with Circumferential Mucosal Incision for Duodenal Carcinoid Tumor. World J Gastroenterol. 2015; 21: 10041-4.

直腸カルチノイド腫瘍・通常観察

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop