お問い合わせ・ご予約

採用情報

MENU

胃潰瘍 | 千住・胃と腸のクリニック

胃潰瘍

Pocket

胃潰瘍は、ピロリ菌感染・鎮痛剤・抗血小板薬などが原因でできることがあります。また、胃癌との区別が困難なこともあり慎重な経過観察が必要となります。潰瘍部に血管が露出する場合には消化管出血の原因となります。治療には、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の内服が必要です。ピロリ菌感染がある方は、ピロリ菌除菌療法が必要となります。以前胃潰瘍といわれた方やピロリ菌がいるといわれた方は担当医にご相談ください。

・Amano Y, et al. Interobserver variation in the endoscopic diagnosis of gastroduodenal ulcer scars: implications for clinical management of NSAIDs users. BMC Res Notes 2011;4:409-6.

 

胃潰瘍・通常観察     胃潰瘍・近接像       生検検査

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop